嵐よういちの部屋の最近のブログ記事

 7月7日、七夕。 

好評につき、「嵐屋3」をやります。

今回は19時に開始で、また俺は ようちゃんカレー、虫象はつまみを出します。


タイトルは『旅立ち』なんだけど、子分の小神野が8月から渡米してしばらく帰ってこないので、俺なりに

奴を招待して気持ちよく送り出したいね。

俺の方は7月中旬からロシア、トルコを中心に取材旅行で、その地域に詳しい人なんかが遊びに来てくれたら嬉しいものだ。


予約はコチラから  前回かなり人が入ったので、確実に来られる方は予約をお願いします。



61wQrd+F-aL._SX341_BO1,204,203,200_.jpg


新刊が3月27日ごろ、発売されます。採図社から1200円+税です。

内容紹介

『未承認国家』という言葉を耳にしたことがあるだろうか?
これらの国は、どこの国にも承認されていないか、されていても、ごく一部の国にだけである。また、未承認国家同士で承認しあっている場合もあり、仮にAという"国"が主権国家と自ら宣言したとしても、国際的な国家承認を得られているとはいえない。
はたして現在の未承認国家はどうなっているのだろうか。
クリミア共和国や沿ドニエストル共和国と聞いても、まったくイメージが湧かないし、調べても情報は少ない。
だが、そこに住む人たちはどのように暮らし、国はどうなっているのか、興味は尽きない。
本書は5つの未承認国家を巡った旅行記である。

 

購入はココから


新刊 未承認国家に行ってきた{採図社}


この本が3月27日ぐらいにに発売されます。それを記念? して4月7日、3年ぶりに西荻窪にある「のまど」でトークショーをやります。

ここでは過去3回やっていますが、その全てでMCをやってくれた丸山ゴンザレスが多忙で、今回は子分であり、可愛い後輩のオガミノ君がMCをやってくれます。

そのオガミノだが、ニューヨークの大学に合格しまして、8月から3年位行ってしまいます。

嬉しい反面、少し寂しいね。 そのオガミノと、こんなイベントやるのも最後かもしれない。

そして、特別ゲストの編集Mを迎えます。 俺の読者ならお馴染みのMである。まあ、来る人は楽しみにしてもらいたい。




前回好評だった、高円寺パンディットで再び一日店長をやります。

この前は何人かの客が通常のイベントと勘違いしていたようだけど、基本的にイベント会場を借りて俺と虫象が店長になって酒をだして、皆で盛り上がって楽しむものです。

当日は18時スタートで、俺は前回人気だった「ようちゃんカレー」を、虫象はつまみを提供いたします。カレーは800円、つまみは500円で販売します。

あと、本やTシャツを物販したり、まあ、いろいろあります。虫象がマイクを使ってなにかやるかも?

俺の方は店内をいろいろと動き回らないといけないので、まあ、大変です。あ、もちろん酒を奢ってくれる人にはサービスしますよ(笑)

これから「嵐屋」は定期的にやっていくんでよろしくです。もちろん、ブラックロード・ファミリーも遊びにくると思うので、その人たちとも会えるかもしれません。

ではお待ちしております。

10月17日{月} 高円寺パンディットで一日店長、『嵐屋』をやります。


和田虫象君をパートナーに、19時スタートです。気軽に遊びに来てくださいね。

以前からファンを集めてオフ会みたいのを考えていたのだが、考えてみたらブラックロード・ファミリーの連中や、昔からの友人とも、ここ2年ぐらいあまり話していないのである。

じゃあ、まとめて呼んじゃえと、パンディットの店長に相談したら「じゃあ、店を使えば」とこんな具合になった。

一人じゃ、いろいろ大変なので和田虫象君と一緒にやります。

当日はカレーでも作ろうかな。来店したら注文してね。



海外ブラックロードpodcast 387回から389回までの3回にわたり、バンコクでバーを営む真理子さんという83歳の方をゲストに招いて話をしました。非常に衝撃的な話ばかりでゲストに呼んで良かったと思ったよ。

http://www.blackroad.net/blackroad/2016/02/387.html
http://www.blackroad.net/blackroad/2016/03/388.html
http://www.blackroad.net/blackroad/2016/03/389.html


かなり評判が良かったです。俺と丸ゴンは真理子さんの店に行くのを楽しみにしていたのだが、今日,残念な知らせが・・・。

一身上に都合で、バンコクの店を閉め、日本に戻ってくることになったようです。放送を聴いて行ってみようと思った人がいるかもしれないが、仕方がない。

激動の人生、やはり最後は日本がいいのかもしれない。
5月11日に旅立ちます。

帰国は6月後半だけど、バンコクでオフ会やるかもしれんのでまた告知すると思います。

今は準備とかでバタバタです。

そういや、テレビ関係のクソ野郎! ニューズクリエイトなる会社の鎌田という奴、許さねえ!!

文化人枠や、ライターの人はこの人から誘いがあったら無視するのが一番かと思いますよ。人としての礼儀、常識ゼロ。  まあ、これを見て詫びてきたら削除してやりますが、それはないと思いますが・・・・(笑)
98197230.jpg 過去音源の第二弾が発売されるらしいと聞いていたがまさかまたもや勝手に販売されていたよ。


なんと計419本で2500円とは安いな。興味ある人は買ってください。



51eH9NbtmOL._SX355_BO1,204,203,200_.jpg


新刊が発売されます。

今月12月18日に発売予定です。

どうだ?! 俺らしくないカバーだろ?(笑)

いつも黒くて怪しいものだったので、ブルーなんて嬉しいじゃないか。

そうそう、本の中にはブラックロード・ファミリーが2人登場してます。

ジャカルタに滞在しているタコラさんと、バリ島で旅行会社を経営しているアメちゃんです。

ブラック色はあまりないですが、興味ある人はよろしくです。


    
バージンヨーロッパが発売されました。

思えば1991年7月。

俺はイギリスのブライトンの住んでいた。そこからヨーロッパを周遊した話です。

あまりにも内容が古いので紙の媒体では無理なわけで、紆余曲折あって、電子書籍に。

ちなみに俺は情報を提供し、インタビュー、写真を渡し、それを編集部がめちゃくちゃに書いてくれたものです。

まあ、値段も300円なので、当時のヨーロッパを知るのもいいかもしれません。






5年間以上も続けている「海外ブラックロードpodcastですが、過去音源を販売することになりました。

以前からリスナーやファンの方に「過去放送をどうやったら聴けるの?」「いつ販売するんですか?」などと問い合わせがあったのだが、ついに、というか、昨日、湯島の事務所に行って、それを社長のトミー・リー・ジョーンズに伝えたら

「もう販売しているよ」

だって。

「なんで、俺やマルゴンに事前に伝えないんですか?」

そう怒ると奴は言う。

「そんなの面倒くさいだろ! 」

その後、マルゴンがやってきてそれを伝えると、やはり唖然としていた。

しばらくしつこいほど宣伝していくので、興味ある人は買ってちょうだい。最近、リスナー数が爆発的に増えていて、新しいリスナーも増えているので昔、どれほどむちゃくちゃな話をしていたかを知るのもいいでしょう。


 

それから最近、相棒のマルゴンがテレビで活躍してるんだけど、この前、他の仲間も加え4人でアルゼンチン料理屋に行って、店をでるときに、4人の客に「丸山ゴンザレスさんですか、テレビ観てます」なんて握手を求めれていた。有名になったものだ。

俺もそういえば、朝日放送・雨上がり決死隊の「やまとナゼ? しこ」の収録をやったよ。ディレクターと2人で。9月1日に放送するので、関西の人はよろしく。

それにしてもテレビのスタッフは、人によって全然違うね。今回の人は最高に面白くて気が合ったよ。また頼まれたらぜひやりたいな。

あの〇局のクソ演出家や、ディレクターと違って、人間的にも出来てた人だった。


 ブラックロード・ファミリーの一員である、お笑い評論家のラリー遠田さんは、月に一度、新宿のネイキッド・ロフトでお笑いライブを主催している。以前から行ってみたいと思っていたのだがタイミングが合わずなかなか行けなかった。そんで今回、大ファンであるミラクルひかるさんが出るってんで、旅行作家の石田ゆうすけ君と2人で行くことにした。いやいや、めちゃくちゃで面白かったね。ミラクルさんとサイボーグかおりさんの繰り出すコラボ、はちゃめちゃな言動をラリーさんが調教するような・・・。それにしても最近、俺は演者で出る場合が多く、客席から久しぶりに見ることが出来ていろんな勉強になった。

見ているだけでも意外と疲れるんだね。俺なんかがやるイベントに足を運んでくれるお客さんにあらためて感謝である。

イベント終了後、客は皆帰り、会場で石田君と話し込んでいたら、ラリーさん、ミラクルさん、サイボーグさんが上から降りてきて5人で乾杯。

お二人から、プライベートな話やら映画やお笑いの裏話を聞けて面白かった。帰り道、駅までミラクルさんと仲良く話しながらツーショットで歩いたけど、夢みたいで嬉しかったね。

なんかかなりミーハーだな、俺。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          DSCN3746.JPG DSCN3751.JPG

新刊の原稿やらいろいろあって忙しく、ブログを書いてなかったが近況を報告するよ。

先週俺の誕生日を記念して仲間と奥秩父にキャンプに行った。平日で尚且つ天候も悪かったけど楽しかったな。
2年前は「あきるのキャンプ」、昨年は熱海旅行。そう考えると年が経つのが早すぎて気が付いたらこんな歳になって世間ではオヤジと呼ばれる年齢に。自分では意識していないつもりでも周りがいろいろ意識するんだよね。

振り返ると俺の人生、家族にも、友人にも、ブラックロード・ファミリーにも、女にも恵まれて幸せで、趣味である旅のことを書かせてもらったりして、金と将来がないこと以外、まあ、こっちが普通の人には重要だと思うけれども、充実していたね。


  DSCN3719.JPGのサムネール画像

初めてキャンピングカーに乗ったけど、1日1万5000円の安さ。寝たのもこの中だったけど楽しかった。だが、車高があるためか、山道やガタガタ道とかだととんでもない揺れが襲ってきて運転手の虫象以外、皆車酔いをしてしまうしまつである。

キャンプ場は貸切状態で、酒盛り&バーベキュー大会になる。

メンバーは俺、虫象、ウエスカー、ヒクさん、オガミノの5人。楽しすぎた。日付が替わる6月19日、カウントダウンで俺は尻をだしたりなんかしてバカだな。


DSCN3735.JPGのサムネール画像のサムネール画像DSCN3743.JPG翌日は雨が酷かったけど秩父神社。思ったよりも大きく、良かったよ。

帰りがけに温泉に寄ったら、丸ゴンを小型にしたようなゲイがウロウロしているし、執拗に変なオッサンに言い寄られたりと、いろんなことがあって、そこに体脂肪を計る機械があったのでやってみた。今まで計ったことなかったけど、なんと空手家のヒクさんと同じ15%だった。かなりいいみたいだ。


それから今月24日発売のGQ JAPAN 8月号に旅人として俺が載った。この雑誌は年収1500万円以上を対象とした高級&オシャレ雑誌である。そんなのに俺が載ってしまったが、担当のライターの人が昔から俺のファンで「ぜひ嵐さんを」と言ってくれ嬉しかったね。長く旅本を書いていればいいこともある。
  

それから悪友でもある草下シンヤ氏が原作している漫画『REVOLT1』が発売されていました。読みましたが面白いと同時に原作やっていて羨ましかったです。続きが気になる漫画です。興味ある人はぜひ  http://www.amazon.co.jp/REVOLT-1-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9-%E9%AB%98%E6%9C%A8%E7%A7%80%E6%A0%84-ebook/dp/B00YGE4MMI


この前、博多に行った時に収録したものです。それにしても俺らひどいな



博多イベント、無事終了しました。たくさんの方が来場してくれ、また俺のファンやポッドキャストのリスナーなんかが来てくれて嬉しかったです。

東京からはムシゾウと、おぼつが行き、台北から記事を書いてくれている「ちい」さんも一時帰国していて久しぶりって言っても10月以来の再会。彼女は友人と母親と来てくれたけど俺達みたいな下品な話でもいいのかと少し心配になる。

博多では南米番長こと吉永君と、マサキング・大津さんに大変お世話になったね。

博多はゴマサバ、うどんも美味しいのを知って、ハマってしまった。博多の女性は美しいし、博多の仲間も言ってくれたけど、これから1年に一回は開催したいと考えている。

イベントが終わって、下関と門司港を中心に車で周ってきた。一の俣温泉に宿をとり、フグ、アワビなど、とにかく最高の食事をいただいて満足であった。

この写真は山口県の角島。ここの海は本州で一番綺麗なようである。申し訳ないが初めて知った。有名でないけどお勧めです。それにしても日本は広い。自分の知らないことや美しい景色の所がまだまだあるね。これからも日本を観光したい。















DSCN3692.JPG

ニッポン放送の人気番組、高田文夫の『ラジオビバリー昼ズ』にゲストとしてださせてもらった。

ホンジャマカの石塚さんと、乾貴美子さんとの3人トーク。

始まる前はかなり緊張したな。こんなにラジオで緊張するのかと自分では驚いたがディレクターの方が緊張しないコツとかを伝授してくれたりなんかしてくれて。

石塚さんはテレビの印象と変わらず、懐が深く優しい人でかなりフォローして助けてくれた。

乾貴美子さんは、お天気お姉さんの時から知っているわけで、いやいや、テレビや写真よりもお綺麗な方で、気さくに接してくれた助かったよ。感謝、感激!

話しは海外の危険なことや、珍しい食べ物の話。マイう?も石塚さんの前で言えて良かった(笑)

歌や、CMの間の会話はなかなか盛り上がって楽しかったよ。

普段、ポッドキャストをやっているが全然違うフィールドに立って嬉しかったです。





いよいよ博多イベントも近づいてきました。近隣の方、来てね


名 称: 海外「裏」旅行ナイト 世界の危険な遊び方in 福岡親不孝通り
日 時: 2015年5月16日(土)19:00開場 19:30 Start 21:30 End
会 場: 親不孝通り地下スタジオ  福岡市中央区天神3-6-8 ミツヤマビルB1F
入場料: 前売り2,000円 ※ドリンク1杯付き
定員数: 先着40名
出 演: 嵐よういち、丸山ゴンザレス、マサキング、ブラジル番長

海外のあらゆる危険地帯で遊んできた旅の達人たちがお送りするトークライブ!
今宵、日本を代表する「裏」の旅人たちが福岡親不孝通りへと集結し、
世界の知られざる実態を明かす。究極のアウトローイベントを開催!
すべての海外&旅マニア絶対必見!!

司 会 / 丸山ゴンザレス (旅行作家 / 犯罪ジャーナリスト)
ゲスト / 嵐よういち (ベストセラー旅行作家)
ゲスト / マサキング (海外のアウトロー旅行を知り尽くした実業家)
ゲスト / ブラジル番長 (海外ジャーナリスト / 天神3丁目町内会長)


尚、完全予約制になりましたので、これを見て参加したいと思われる方は、arashi@blackroad.net まで、名前・電話番号・人数を書いて申し込んでください。
 
4年ぶりに博多でイベントやります。

あれから4年も経ってしまったのか、なんかあっという間だね。

博多には俺らの仲間がいて、彼らと共にまた楽しみます。それにしても前回の博多は楽しかったな。大好きになったよ。


名 称: 海外「裏」旅行ナイト 世界の危険な遊び方in 福岡親不孝通り
日 時: 2015年5月16日(土)19:00開場 19:30 Start 21:30 End
会 場: 親不孝通り地下スタジオ  福岡市中央区天神3-6-8 ミツヤマビルB1F
入場料: 前売り2,000円 ※ドリンク1杯付き
定員数: 先着40名
出 演: 嵐よういち、丸山ゴンザレス、マサキング、ブラジル番長

海外のあらゆる危険地帯で遊んできた旅の達人たちがお送りするトークライブ!
今宵、日本を代表する「裏」の旅人たちが福岡親不孝通りへと集結し、
世界の知られざる実態を明かす。究極のアウトローイベントを開催!
すべての海外&旅マニア絶対必見!!

司 会 / 丸山ゴンザレス (旅行作家 / 犯罪ジャーナリスト)
ゲスト / 嵐よういち (ベストセラー旅行作家)
ゲスト / マサキング (海外のアウトロー旅行を知り尽くした実業家)
ゲスト / ブラジル番長 (海外ジャーナリスト / 天神3丁目町内会長)


尚、完全予約制になりましたので、これを見て参加したいと思われる方は、arashi@blackroad.net まで、名前・電話番号・人数を書いて申し込んでください。
 
 
    Apple/iTunes/Video/社会文化..ディズニー大国に挑戦中!!(編集部)
 
 
 
DSCN2969.JPG
この写真は、モロッコとスペイン領「メリリャ」の国境です。



モロッコのフェズから列車でナドールにいった。そこから日帰りでモロッコの中にあるスペイン領のメリリャという街に行ってきた。出入国は簡単だと思っていたが、モロッコ側でモメル。

職業「ライター」がどうやらひっかかるようだ。再入国の時はなんと別室送りで変な取り調べ。久しぶりに変な汗と喉の渇きが襲ってきたよ。

そしてナドールからバスで9時間かけて「青い街」シャウエンにやってきた。車でもスリ団に襲われたり、バスを変な場所で降ろされたりとロクなことがなかった。

今日、明日とこの街でノンビリして、タンジェに移動して、フェリーでスペインのアンへシラスに行きます。とにかく酒も自由に飲めないし、早くモロッコを脱出したいな。

俺は旅に出る度に、連絡をずっと取っていない旅人や知り合いに連絡するようにしている。

大体、連絡すると4パターンの反応がある。

1・直ぐに連絡が返ってきて、しばらくやりとりをする

2・返信なし

3・挨拶程度のものが1回、返ってくる

4・メールが戻ってくる。つまり音信不通


4の人、これを見てないと思うがもし見ていたらメールくれ。

風来坊のタカシ、美容関係のカズミちゃん、など




DSCN2924.JPG宿の屋上から撮影


どうも嵐よういちです。

今現在、俺はモロッコのフェズにいる。

バンコクで1週間、堪能し、クウェートを取材してモロッコに入って1週間。

正直言って、フェズの街、好きになれません。メディナに入れば自称ガイドが近づいてきてウザイったらない。レストランにもその辺の店にも酒ないし。

2月のモロッコは勧められない。とにかく寒い。モロッコと言うと暑いイメージがあるんだけど、俺の知り合いとは暑い時期いってんだよね。それでもツーリストはチラホラいるが、ずっと一人です。

後藤さんの事件は残念であった。非常に悔しいし、腹が立つ。
後藤さんのご冥福をお祈りします。


イスラム国が海外にいる日本人に、テロや誘拐、殺人をする可能性が増えてきた。

そんで俺は明後日から旅立つわけで、いろんな人から「いく場所は大丈夫なのか?」「気を付けてくれ」と心配される。

はっきり言って俺にも大丈夫なのかよくわからないのだが、現在、世界中に日本人の旅人やビジネスマン、駐在員・その家族ら大勢がいるわけで、犯罪に巻き込まれるかは運しかないではないか。

俺のルートを考えてみると、バンコクは無問題。次のクウェートは大丈夫だと思うが、外国人傭兵が俺にフレンドリーに話しかけ仲良くなって、イラク国境に誘いだされてイラク領内に入ってそのまま拉致なんてことにならなければいいが。

モロッコ、スペイン、ポルトガルは大丈夫だと思うが、バリ島が以前テロもあったところで不気味で、その先のフローレス島なんてそもそもどうなっているのかもわからず。

まあ、こんなこと書きましたが気にせず、いつもと同じ気持で行動しますって・・・過去に旅した場所が危険な場所ばかりだったので、その時よりも気分が楽なんだよな(笑)。