香港でグルメを気取って来ました!

2
タコラです。私は香港育ちなんです。幼少期を香港島の銅鑼湾で過ごしました。その当時、海外渡航はまだ非常に特殊なことだと思われていた時代でした。成田からの飛行機はプロペラ機で、上下に乱高下しながらゆっくりと飛んで行ったのを昨日のことのように覚えています。まだ機内で飴玉を配っていた時代でした。ですので私の一番古い記憶はその頃から始まっています。香港は故郷のような存在で目を瞑っても歩けると言えるほど好きな場所です。

望郷の想いというほどでもないのですが、香港には定期的に訪れたくなります。今回、PODCAST仲間のカルロスさんが深圳へ行くというので、この機会に私もジャカルタから同行することにしました。深圳在住のもう一人の仲間、ヨンさんも時間を割いて会ってくれることになっていたのですが、彼はビザの関係でその時ちょうど香港に一度入らねばならない状況になっていました。という訳で急遽私の提案で深圳に行く前に三人で香港の西貢(サイクン)に行くことにしました。
1.jpg2.jpg





































西貢は九龍半島の東側に位置する海岸沿いの町です。郊野公園に隣接しており風光明美な観光地であるとともに、海鮮料理店が軒を連ねていることでも有名です。久しぶりの再会を海鮮中華料理で景気づけようと、我々はまず東鉄線の沙田(シャーティン)に集合しました。この路線は以前はKCR(九廣鉄道)と言って大陸へと渡っていく国鉄でしたが、いつのまにか地下鉄MTRに吸収されていて時の流れを感じさせられました。そこからは二階建てCITY BUSの299番で西貢まで40分です。初めて二階建てバスに乗ったカルロスさんが嬉しそうにはしゃいでいました。
3.jpg



















4.jpg



















西貢に到着すると生け簀を並べた店や船の漁師が声をかけてきました。ここではまず魚介類を先に買い付けます。そしてそれらをレストランに持って行き調理して貰います。煮る、焼く、蒸す、と調理方法を指定し、XO醤で和える、チーズでからめる、など味付けも指示します。どこで材料を調達し、どこで料理させるか、その組合せによってその日の料理の味が決まるという訳です。仲間二人とも西貢は初めてだったそうで、興味津々といった面持ちでした。
5.jpg



















6.jpg



















7.jpg



















海岸沿いを練り歩き一番おっさん客が多い店を選びました。きっと彼らは美味い店を知っているはずだからです。そこで先ほど買い込んだアワビ、ホタテ、イカを料理して貰いました。サンミゲルビールで乾杯して再会を祝福すると募る話も二の次で皆黙々と食べ始めました。とにかく海鮮料理が美味しい!先ほどまで生け簀で泳いでいたイカが口の中でとろけるほど柔らかい。ホタテもアワビも最高!どんどん酒が進みます。私自身、ここへ来て食事をするのは99年以来のことでしたので、半ば興奮気味に久しぶりの海の幸を堪能しました。
8.jpg



















9.jpg



















食事後は一路、深圳へ移動。群雄割拠のビル群が我々を出迎えてくれました。地下鉄網が敷かれすっかり大都会と化した深圳。中国の都市部は躍動感に満ち溢れています。その夜は例によって珍騒動の数々を繰り広げました。私の仲間は一筋縄では行かない猛者ばかりです。カルロスさんは夜の蛇口へと消えて行きました。私はヨンさんの案内で深圳を行脚。結局そのまま三人が再集合することはありませんでした。三人で舌鼓を打った西貢。またいつか行きたいものです。
10.jpg

コメントする

 ※サイトの都合によりコメントを停止する場合があります。