2014年12月アーカイブ

あと数時間で2014年も終わる。

今年は長期の旅には行けなかったものの、本を3冊だし、文庫化も含めて4冊かね。来年も頑張ろう。

あとイベント3回やったり、いろいろ新しいことにもチャレンジしたし、新たな出会いもあって充実していた。

ケチをつけたのが12月、テレビ局の奴らに騙されたことだ。想い出すたびにムカつくのでポッドキャストで毒を吐き、一生恨んで恨んでやる。2か月半も精神的、肉体的に無駄にしたよ。

来年は2月から取材旅行をして、新刊もだすよ。イベントもチャンスがあればやるので遊びにきてください。

ブラックロードファミリー、ファンの皆様、関係者、今年もダメな俺を支えてくれてありがとうございます。


先週金曜日、新宿にてブラックロード・ファミリーの忘年会をやりました。

集まったのは一次会30人、二次会15人でした。

1年ぶりに遭う人も多く、とても楽しかった。幹事を務めてくれたムシゾウ、おつかれである。

ポッドキャストにも出てくれている人の名前を簡単にあげると、俺とマルゴンは当たり前として、オガミノ、ジャパンバックパッカーリンクの向井さん、弁護士放送のヨシカワ先生、草下シンヤ、元コロンビアマフィアのカンジュン、チャリーダー小島、野菊ちゃん、旅行作家の石田ゆうすけ君、お笑い評論家のラリーさん、カルロス、などなど、疲れたのでこれで止めるが、思ったのは・・・またもや居酒屋最悪である。

二次会の店の方がはるかに良かった。来てくれた人に申し訳ない。

それと、毎回思うのだが、写真を撮っている人が皆無。俺も楽しくて忘れていた。

他の人のブログとかではちゃんと楽しそうな写真とかあるじゃない、俺らの忘年会では誰もそれをやってくれないのはどういうわけだ?

二次会で、世界204ヶ国いっているマサキ君、向井さん、小島・つまりこのサイトで書いてもらっている連中に「そろそろ書いてよ」と言うと

「嵐さんもあまりやってないし、皆、やってないじゃないですか」と返された。

まあ、そんなもんだよな、と、いうことで、ちょっと更新増やします。ツイッターもやってるし、他の人のチャンスというか書いてもらいたかったんだが、俺が書かないとな。
数日前、今年もあと半月というのに最悪な日があった。

10月初頭、某民放テレビ局からバラエティ番組の出演依頼があった。普段なら断るところなのだが、MCの方が以前からファンだったし、そろそろ、そういうテレビを出るのも悪くないと、渋々承諾した。

依頼を承諾した場合は、なるべく協力するのは当たり前で、時間をさき、面倒なこともたくさんやった。

テレビの依頼は、俺たちの間ではすこぶる評判が悪い。いちいち例をださないが、まあ、簡単に言うと、業界人は自分たちが世の中を動かしていると思い、俺たちなんて『駒』なんだよね。仁義もなにもない世界で、憤慨している人をかなり見ていた。

俺も期待してなかったし、いつ裏切られるんだろと・・・でもちゃんと協力していたし、時間もさいた。

その結果、数日前に連絡があって「今回は見送りで、次の機会に」って、おい、俺の貴重な時間を返せよ。こっちはテレビ番組が嫌いで頑張って承諾したのにそれはないだろ! 違約金でも電車賃でも払えよ。

これでわかった。もう二度と、バラエティ関係には出演しないし、協力もしないことをここに誓う。


そんなことがあった翌日、女子旅アイドル・さやかちゃんの開催するイベントに行ってきた。このイベントに参加するのは2年ぶりだったけど、2年ぶりに遭う人もいたりなんかして楽しかったね。年に2回はこのような旅イベントに参加したいんだけどタイミングとかもあって、ほんと2年ぶりの旅イベントであった。

世界放浪し、現在はリーマンの男性は「昔、嵐さんの本を3冊ぐらい買って読んで、凄く役立ちましたよ」

また旅ブログ元1位の男性は「2年ぐらい前まで、世界1周している時に嵐さんのポッドキャスト聞いてましたよ。まだやってんですか?」

などとこんな会話になるが、考えてみれば、俺もこの業界長くなってきたな。

そのイベントにアメリカに行っているはずの清水君が来ていた。ビザの都合で、日本に帰国していて急遽参加したらしいが、考えてみれば奴、このサイトのメンバーになっているのに一度も原稿書いてねえな??

これ、日本のヤフーニュースでも取り上げられていたんですね。ちなみに現地台湾でもニュースになっています。 

 

 

こういう政治や歴史に関する事に対して、自分の気持ち書くのはあまり好きではないのです。だってこういう事に関することには批判きやすそうだし。←チキンハート 

 

 

 

でも今回の事は、日本人としてもやっぱり気になったニュースでしたので、取り上げてみたいと思います。 

 

 

 

 

事の発端は台湾人の有名ブロガーの男性エリックさんが、東区にある某スイーツ店で日本人の友達と日本語で話していた時のこと。突然近くにいたおばさんが『日本語でしゃべるなら、小さい声でしゃべってくれない?』と言い出した事がきっかけでした。 

 

 

 

(エリック)『何で?彼らは中国語が出来ないんだ。だから日本語でしゃべってる。何で日本語だったら小さな声で話さなくてはいけないんだ?』  

 

(おばさん)『ここは台湾だ、台湾で日本語を話すな!』 

 

(エリック)『理解できない。どうして話してはいけないんだ?』 

 

(おばさん)『台湾は日本に50年間も占領されていたのよ。私たち中国人を大勢殺戮した南京大虐殺を忘れたの?恥知らず!この皇民!』

 

 

 

こんなやり取りがなされています。この様子を見ていた近くに座っていた女性がたまりかねて間に入り、 

 

 

 

(女性)『あなた周りの迷惑になってる事が分からないの?』 

 

(おばさん)『(頷きながら)そうそう、その通りよ!!』 

 

(女性)『私は彼(エリックさん)に言ってるんじゃなくて、(おばさんに対し)あなたに言ってるの!』 

 

 

 

これを聞いていたエリックさんは笑いをこらえていたそう(笑)『選挙に負けたからって(今回の選挙国民党の惨敗でした)こんな風に噛み付かないで欲しいよな。もし中国語が分かる日本人の方が見てるなら、どこにでもこういう変な奴っているもんだから、気にしないで!』と締めくくっています。 

 

 

これに対しての台湾人のコメントは私が見た限りでは全てエリックさん側の意見で・・・ 

 

 

 

『たまにこういう偏った思想をもった奴がいるよな。やっぱり中国人は愛国心がすごいな。なら、その愛国にとっとと帰ったらいいんじゃない?』 

 

『このおばさん。。絶対中国人だろ』

 

『南京大虐殺ねぇ・・・あれ?南京って台湾にあるんだっけ?俺、台湾人なのにどうして知らないんだろ(笑)』 

 

『恥知らずはお前だろうが!そもそも台湾と中国の南京大虐殺には何の関係も無い!』 

 

『見てられないわ・・・このおばさん本当に台湾人なの?疑ってしまう・・・』 

 

『日本が中国で何をしたかなんてよく知らない。ただ分かっているのは、日本が統治時代に台湾にたくさんの技術をもたらしてくれたって事だ』 

 

 

 

軒並みこんな意見です。私は最初このおばさんが台湾に嫁いできた中国人なのか?と思っていましたが、どうも動画を見る限りでは大陸訛りの中国語ではなく、台湾の中国語っぽい。(声が小さめだから聞き取りづらいのですが) 

恐らくですが両親が中国出身か何かで、台湾に移住してきたとか、そんな所じゃないのかな。もしくはバリバリの国民党か・・・でも中国となんらかかわりのある人であることは間違いなさそう。だってそうじゃないと『我々中国人』なんて、普通の台湾人は言わないですから。

 

 

台湾人の基本的な考え=台湾は台湾 

 

 

というわけで、中国とは全く違う国ととらえていますからね。(少なくとも私がこれまで会った台湾人で『台湾は中国の一部』なんて考えの人はいなかった)  

 

 

 

 

 

台湾に来て、もう7年になろうとしてますがこれまで日本人だからという理由で嫌な目にあったり、嫌な事を言われたりって一度もなかったけど、やっぱりこういう人もいるんですよね・・・。(以前タクシーに乗ったとき、政治について色々聞かれて知らないフリをしていたら、台湾に住んでるなら勉強しろ!と言われた事くらいか。でも現地の人とは政治の話はしない方がいいと思ってるので、私は。) 

 

 

 

『台湾は民主主義の国で自由の国だ。だから誰が何語で話そうが関係ない!』 

 

 

 

このコメントが嬉しかったです。他の国で同じ事が起こったとして、果たしてこんな反応をしてくれる国があるのかな。このおばさん側に立って、責められる可能性のある国なら、きっとあるんだろうけどな(今真っ先に2カ国が頭をよぎった・・・こういう考えを持ってしまうのも、なんだか悲しいですけど・・・)  

 

 

 

なんだか色々考えさせられるニュースでした。でも台湾人の反応が『台湾人らしいな』と嬉しく思いました、やっぱり。 

 

ちなみにこの動画はココで見ることができますよ。